Loading...

真髄を求める、英国の正統。

真髄を求める、英国の正統。

劇場に出かけ、おおいに舞台を愉しむ。英国らしい観劇の術には、感動すら憶えます。
ちょっとした知識、気遣いの流儀には、背景に、奥深い歴史と伝統があることを感じさせます。


pic_01

VICTORIA COLLECTION

ヴィクトリア コレクションは、バックス & ストラウスの膨大なアーカイブコレクションのなかでも、ヴィクトリア朝と呼ばれる、とくに英国が栄華を誇った時代のジュエリーデザインから着想を得ています。当時のデザインをベースに、新たに意匠を凝らし、究極の技量をもつクラフツマンの手で仕上げたダイヤモンドウォッチが、ヴィクトリア コレクションです。ヴィクトリア朝時代とは、ヴィクトリア女王が英国を統治していた、1837年から1901年までの時代で、幾つかのダイヤモンド鉱山の発見があり、とても多彩なジュエリーデザインが登場。18歳という若さで女王に即位したヴィクトリア女王は、こよなくジュエリーを愛し、ダイヤモンドを寵愛したとも伝えられています。国民から深く愛された女王は、ファッションリーダー的な存在でもあり、女王が愛したジュエリーのモチーフは広くトレンドとなりました。

ヴィクトリア女王が、好んで身に着けていたジュエリーは、草花や鳥、月や星など、自然の風物がもっている美しさを象ったものが多く、なかでもハートのモチーフをこよなく愛されたことで知られています。バックス & ストラウスが手掛けた、女性のためのダイヤモンドウォッチでは、当時、ブローチに使われていたという2つのハートがつながったモチーフを選び、これをベースとした豪奢なコレクションです。

華やかで可憐なヴィクトリア コレクションに、小振りなケースと、シルクのような美しい光沢のサテンストラップを備えたダイヤモンドウォッチ、ミス ヴィクトリアがあります。ケースの上下に配された2つのハートは、バックス & ストラウスの膨大なアーカイブコレクションのなかから選び、ヴィクトリア朝時代のモチーフから着想し、現代の感性で甦らせました。使用するダイヤモンドには、もちろん、ラウンドブリリアントカットの理想的なプロポーションである“アイデアル カット”を施してあり、神秘的な光を放つマザー オブ パールの文字盤は、瑞々しさを引き立たせています。

pic_02
pic_03

舞台で演じられている演目を観劇し、想像力を掻き立てる芸術を、また、英国人は愛しています。では、英国らしい舞台、英国らしい演目とは、どういったものなのでしょうか。英国での演劇の頂点は、やはり、中世に端を発したとされるシェイクスピア作品かもしれません。しかし、時代は流れ、歴史は移り、バレエやオペラ、ミュージカルなど、鑑賞してみたい舞台、話題となっている演目が、英国には、多く登場してきています。たとえば、バレエ鑑賞は、どうでしょうか。バレエは、ルネッサンス期のイタリアに生まれ、メディチ家のカトリーヌとともにフランスに渡り、自らも踊ったとされるルイ14世によって華麗に花開き、ロシアの皇族によって積極的に護られて華々しく発展した、と伝えられています。英国では、バレエを鑑賞するために劇場を訪れる英国紳士が目立ちます。その日の仕事を終え、適度にドレスアップし、女性をエスコートしながら、あるいは、家族や友人同士で、三々五々、劇場ロビーに集まってくるのです。

バックス & ストラウスは、英国を代表するクラシックバレエ団のひとつ、イングリッシュ ナショナル バレエ団/English National Balletとパートナーシップを結んでいます。イングリッシュ ナショナル バレエ団は、世界屈指のクラシックバレエ団であり、伝統的なバレエや新しい作品を通じて幅広い観客に感動と刺激を与えています。芸術監督であるタマラ ロホの指導のもと、英国でも、もっとも独創的で刺激的なバレエ団を目指しています。また、タマラ ロホは、芸術監督を務める傍ら、同団のプリマ バレリーナとしても活躍。マドリードのヴィクトル ウラテ バレエ学校で学んだ彼女は、優れた芸術性と優美さによって高い評価を受け、バレエの国際的な賞を何度も受賞し、素晴らしい創造性の持ち主であることが理解できます。英国の伝統を大切にするバックス & ストラウスとイングリッシュ ナショナル バレエ団は、このパートナーシップを通じ、英国に限らず海外でも協力しており、タマラ ロホ自身も、ヴィクトリア コレクションのイメージキャラクターを務めています。

pic_04

CRAFTSMANSHIP

pic_05

バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチが誕生し、発表されたとき、人々は、その圧倒的な輝きに目を奪われました。そして、その圧倒的な輝きの秘密を知ると、誰もが驚嘆したのです。理由は、明白でした。バックス & ストラウスでは、ダイヤモンドウォッチに、信念を持って天然で高品質のダイヤモンドを使用するばかりではなく、徹底してカットにもこだわり、無色のラウンドシェイプ ダイヤモンドについては、どんなに小さな石でも“アイデアル カット”を施したものだけを使用しています。“アイデアル カット”とは、ラウンドブリリアントカットの理想的なプロポーションで、石の内部に取り込まれた光が最大に反射するよう、ファセット/切子面の角度を緻密に計算しています。

最高のダイヤモンドを、最高の輝きを放つダイヤモンドウォッチにするには、まだまだ、大切な仕事が残されています。それは、“アイデアル カット”を施したダイヤモンドを、究極の技を駆使しセッティングする必要があるからです。バックス & ストラウスでは、セッターと呼ばれる専門のクラフツマンが、すべて手作業によるハンドセットにこだわり、ダイヤモンドをセッティングしていきます。

たとえば、インビジブル セッティング(爪の見えない石留め方法)という方法により、300石以上のダイヤモンドをセッティングしたダイヤモンドウォッチのケースを紹介しましょう。このようなケースでは、3名のクラフツマンがチームを組み、高度なセッティング技術により、4ヶ月半もの時間をかけて完成させます。3名のクラフツマンは、1名が石を精緻に研磨して整え、続く1名が石のサイドに溝を刻み、最後の1名がセッティングしていきます。

クラフツマンは、アーティストです。アーティストでもある彼らですから、気難しい一面を見せることがあります。しかし、全員がパーフェクトでなければ、決して完成させることのできない完璧な作業を行っています。もちろん、アーティストは、チャレンジすることも大切です。チャレンジこそが、クラフツマンとしての技術を進歩させ、自信と誇りを生み出し、誰も見たことがない、輝かしいダイヤモンドウォッチを生み出す原動力にもなっています。

最大限の輝きを放ち、壮麗な雰囲気さえ漂わせている、バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチ。ひと粒ひと粒の輝きは、厳しい鑑識眼で選び抜かれた高品質のダイヤモンドがあり、卓抜したクラフツマンシップによって完璧なタイムピースとして仕上げられ、完成度を誇ることができるのです。

pic_06

BACKES & STRAUSS
 
© WORLD COMMERCE CORPORATION. All Rights Reserved.