Loading...

愛する英国へ、奥深い伝統へ。

愛する英国へ、奥深い伝統へ。

田園風景が広がる英国のカントリーサイドを心の底から愛し、自然との対話を大切にする英国人。
狭い運河をナローボートでクルーズする旅は、また、英国の自然を深く理解する旅でもあります。


pic_02

英国は、運河を大切にし、活用している国です。残念ながら、あまり知られていませんが、英国の主要な部分を占めるグレートブリテン島には、驚くほどキメ細かく運河が張り巡らされています。ただ、運河といっても、かなり狭い水路のようなもので、この狭い運河を走っているのが、ナローボートです。船幅が細くてナローな、可愛らしいボート。運河によっては、船幅プラスぐらいしか幅のない極細の水路を走るので、最大幅2.08m、最大長21.95mとサイズが決められています。なぜ、英国には、こんなにも運河が張り巡らされているのでしょうか。積極的に運河を活用し始めたのは、およそ200年前の産業革命時代です。この頃、すでにあった運河が改良され、高低差のある部分などでは、閘門/ロックと呼ばれる水門の開け閉めで水位を調整し、丘なども越えていくことができるようになったのです。

産業革命の時代、ナローボートは、運河の脇に設けた側道を利用し、馬や人が引っ張り、貨物や小包、また、乗客を運ぶために活躍しました。大切な運搬手段として、時代の進化を支えたのです。しかし、蒸気機関車が実用化され、鉄道網が発達すると、次第に忘れられていきました。ところが、そこはカントリーライフを愛する英国人です。やがて、運河を復興させ、ナローボートを蘇らせ、運河沿いの自然などを間近に感じながら、カントリーサイドを巡る旅の手段として定着させたのです。クルーズ用として復活したナローボートの船内には、ベッドルーム、バスルーム、もちろん、キッチンやダイニングも備えられ、ホテルのように快適に過ごせます。現在、英国内には、2,200マイル/3,500kmものクルーズ可能な運河があり、旅やリクリエーション用のナローボートのために、かなり広範囲に国内を網羅しているといっても過言ではありません。

pic_02
pic_03

バックス & ストラウスが、ジュエリーメゾンとして創業したのは18世紀後半、ロンドンのハットンガーデンの中心地に拠点を設立したのは19世紀初頭です。ちょうど、英国では、ジェームズ ワットが、新しい方式の蒸気機関を開発。画期的な動力源の登場により、産業革命も円熟期へのステップを昇りはじめ、社会全般も大きな変革をみせていきました。文字通り、細身に仕立てられたナローボートが、貨物や乗客を載せ、英国内に張り巡らされた狭い運河を縦横に走っていた時代と重なります。

pic_04

時代は移り、2世紀以上もの歳月が流れました。バックス & ストラウスは、時を超えて大切にしてきた、英国とロンドンを愛するが故の遊び心を決して忘れることはありません。そこで、2世紀以上もの英国とロンドンを敬う気持ちを込めて捧げたのが、英国の象徴をモチーフにしたシンボリックなリミテッドモデルで、ユニオンジャックをデザインした、個性的なダイヤモンドウォッチです。ご覧のように、燦然と輝くダイヤモンドと貴石が、シンプルながら象徴的なケースに収められ、スタイリッシュなダイヤモンドウォッチとしてデザインされています。このモデルは、バークレー、ピカデリー、リージェントの各コレクションに用意され、これまで手掛けた腕時計のなかでも、ひときわ個性的なダイヤモンドウォッチであることは間違いありません。

バックス & ストラウスが手掛けるダイヤモンドウォッチは、英国の繁栄とともに築きあげられ、磨きあげられていったロンドンの景観、さらには、文化遺産などから発想を得ています。まず、正方形のバークレー コレクションは、バークレー スクエアから着想。この広場は、パラディオと呼ばれる建築様式を実践した建築家であり、景観設計家としても著名なウィリアム ケントが18世紀に設計しました。続いて、円形状の交差点であるピカデリー サーカスをイメージしたのが、ラウンドウォッチのピカデリー コレクション。建築家であり、宮廷都市計画家としても著名であったジョン ナッシュによる、1819年の作品です。やはり、ジョン ナッシュが担当し、公園を中心とした邸宅街からインスピレーションを授かっているのがリージェント コレクションで、大胆な楕円のプロポーションが魅力的です。そして、腕時計の製作は、現代の天才時計師と讃えられるフランク ミュラー率いる、フランク ミュラー ウォッチランド。ダイヤモンドのためにデザインし、製作したコレクションは、真にラグジュアリーなダイヤモンドウォッチなのです。

pic_05
pic_06

バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチには、世界最古のダイヤモンドメゾンとしての威信にかけ、天然でクラリティが高く、希少で高品質なダイヤモンドだけをセットしています。それは、世界のトップジュエラーが、ハイジュエリーのためだけに用意する、ランクの高いダイヤモンドで、これまでの腕時計の世界では、まったく考えられなかった選択だと言われているほどです。さらに、無色のラウンドシェイプ ダイヤモンドについては、どんなに小さな石でも“アイデアル カット”を施したものだけを使用。“アイデアル カット”とは、ラウンドブリリアントカットの理想的なプロポーションのことで、石の内部に取り込まれた光が最大に反射するよう、ファセット(切子面)の角度が緻密に計算されています。ただ、このカットを実現させるためには、高価なダイヤモンド原石のおよそ60%を削り落とさなければならないということからも、バックス & ストラウスのダイヤモンドに対する徹底したこだわりを理解していただけるのではないでしょうか。さらに、ダイヤモンドのためにデザインし、製作した、バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチを仕上げるためには、この“アイデアル カット”を施したダイヤモンドを、究極の技でセッティングしなくてはいけません。そのため、セッターと呼ばれる専門のクラフツマンが、すべて手作業によるハンドセットにこだわり、ダイヤモンドをセッティングしていかなければならないのです。

pic_07


BACKES & STRAUSS
 
© WORLD COMMERCE CORPORATION. All Rights Reserved.