Loading...

英雄は、英国の名品に共鳴する。

英雄は、英国の名品に共鳴する。

近代スポーツのルールを確立し、礎を築き、円熟に導き、徹底してスポーツに酔いしれる英国。
偉サッカー界の英雄とともにある、バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチです。


pic_01pic_02

バックス & ストラウスは、ブラジル サッカー界の英雄であり、レジェンドとしても知られる、ダニ アウヴェス選手とパートナーシップを締結しています。ちょうど、アウヴェス選手は、東京オリンピックにサッカーブラジル代表のキャプテンとして出場し、見事、期待に応え、チームを金メダル獲得に導きました。

アウヴェス選手は、バックス & ストラウスが製作する、自らの人生を記念する限定ウォッチコレクションに参加します。この限定コレクションは、出身地であるブラジルから始まり、バルセロナでチャンピオンズ リーグ三冠制覇に至るまでの、彼のサッカー人生と数多くの成功を讃える限定コレクションとなります。

「このような革新的ブランドと新たな挑戦に乗り出すことができ、感激です。腕時計にも、そこに注ぎ込まれる猛烈なクラフツマンシップにも、ずっと興味がありました。素晴らしい試合をしたい、という情熱を追い続けながら自分のクリエイティブな力を発揮できる、このプロジェクトの始動が楽しみで仕方ありません」

アウヴェス選手は、18歳でプロ契約を獲得し、2001年にブラジルのクラブチームでデビュー.。その後は、セビージャ、バルセロナ、ユヴェントス、パリ サンジェルマンと、世界の名門クラブで活躍してきました。38歳となった現在でも、ブラジルの名門 サンパウロに所属し、ブラジル ナショナルチームのキャプテンを務め、現役のレジェンドとして、サッカー界を牽引。サッカー史上での最多レベルだと伝えられる、これまで合計42個ものトロフィーを獲得しています。

ダニ アウヴェス選手とパートナーシップを締結した、バックス & ストラウスのヴァルケス カナジャンCEOも、とても大きな期待を寄せています。

「今回は、バックス & ストラウスにとって、とても素晴らしい出来事となりました。私は、熱烈なサッカーファンとしてアウヴェス選手のキャリアをずっと見守ってきました。アウヴェス選手の人柄と生まれ持った才能は、彼の見事な功績を称える極上の時計を製作する際、大きな力になってくれると確信しています」

pic_03

pic_04

バックス & ストラウスは、世界でも有数の宝石商だけが集まるロンドン中心部に拠点を置き、200年以上もダイヤモンドビジネスを貫いてきた実績と誇りがあります。おかげで、英国の繁栄とともに築きあげられていったロンドンの街並みや景観は、ダイヤモンドウォッチを創り上げるための発想の原点となっています。

数多くの素晴らしい広場があることで知られているのが、ロンドンです。なかでも、歴史的な魅力を備えた広場のひとつが、バークレー スクエア。この広場から着想を得たのが、正方形のバークレー コレクションです。パラディオと呼ばれる建築様式を実践した建築家であり、景観設計家としても著名なウィリアム ケントが、18世紀に手掛けたのがバークレー スクエア。実は、公園内のプラタナスの木々は、バックス & ストラウス創業と同じ1789 年に植えられ、ロンドンで最も古い木々としても知られています。また、建築家であり、宮廷都市計画家としても著名であったジョン ナッシュが、1819年に手掛けたピカデリー サーカスは、ロンドン随一の賑わいのあるピカデリーとリージェント ストリートが交差する位置にあり、円形状の交差点として知られています。この象徴的な広場をクラシカルなラウンドウォッチとして再現したのが、ピカデリー コレクションです。

pic_05

MASTERS OF DIAMONDS SINCE 1789

pic_06
Making of the case

バックス & ストラウスは、由緒あるダイヤモンドメゾンです。永い歴史と伝統を誇りながら、すべての創作をダイヤモンドから発想します。そのため、天然でクラリティが高く、希少なダイヤモンドにこだわります。もちろん、最高品質のダイヤモンドの魅力を存分に伝えるためであり、ダイヤモンドの美しさを際立たせるためのデザインや細工にこだわり、究極のダイヤモンドウォッチを誕生させるためでもあります。おかげで、世界的な評価も得ることになったのです。

そこで、とても希少なダイヤモンド原石が、地球内部で生み出され、地表近くまで運ばれ、最新の技術を駆使して発見され、数多くの熟練したクラフツマンたちによる手作業を経て、ダイヤモンドウォッチとして完成するまで、シリーズで分かりやすくお伝えしています。

前回は、「ダイヤモンドの鑑定、および格付け」について、お話しをしました。いよいよ、バックス & ストラウスのダイヤモンドウォッチを象徴する、最高品質のダイヤモンドをセットし、精緻な「ウォッチケースの製作」を行う工程についてお話ししていきます。

ダイヤモンドウォッチのケースは、ゴールド、プラチナ、ステンレス スティールなどの金属ブロックが原材料です。この金属ブロックをプレス加工し、おおよそのケース形状に近づけ、その後、5軸CNC加工機という精密工作機械で細部まで仕上げていきます。この精密工作機械には、ケースの正確なデータがプログラムされており、複雑で幾何学的な形状を最高レベルの精度で削り出すことができます。

この精密工作機械にプログラムされているデータとは、もちろん、バックス & ストラウスの象徴であり、ロンドンの景観や街並みを発想の源としている3つのケース形状です。つまり、楕円のプロポーションが魅力的なリージェント コレクション、バークレー スクエアから着想した正方形のバークレー コレクション、ラウンド型のピカデリー コレクションのための、ベースとなるケース形状です。

ウォッチケースの工程は、この後、ダイヤモンドをセットするための準備段階に進みますが、最終的な仕上げに向け、まだ続きます。

pic_07

BACKES & STRAUSS
 
© WORLD COMMERCE CORPORATION. All Rights Reserved.